株式会社SPECIAL EVENT(スペシャルイベント)

反響必至のテーマコンセプトイベントの事例紹介!イベントアイデア演出ネタヒント満載。

03-3800-9099

反響必至!超スペシャルなイベントBEST5




あなたにとってスペシャルなイベントはどんなものでしょうか。
みなさんにとって、どのようなイベントデザインがスペシャルなものとなりうるのでしょうか。莫大な予算をかけたロワイヤルな装飾を施した『王宮イベント』でしょうか。それとも、会場に足を踏み入れた途端『あッッッ!!?♪』と驚くダイナミック且つプレミアムな演出でしょうか。

はたまた、スペシャルなエンターテインメント、最高のエンターテインメントとは何でしょうか。たとえば、あなたが喜んでいただきたいと想う相手にとって、どのようなエンターテインメントがスペシャルなのでしょうか。たとえば、ラスベガスで大活躍するプロフェッショナルなパフォーマーのライヴステージでしょうか?それとも、合図にあわせて頭上に舞い上がる秘密の打ち上げ花火の演出でしょうか。シチュエーションによっては、ポケットにしのばせておいた秘密のプレゼントが、それらに勝るときだってあるのです。



ひとことでイベントと言っても、それこそ種類も莫大でさまざまです。
パッと思い浮かべても『ブライダル!?』『企業イベント!?』『バースデーパーティ!?』『コンサート!?』『スポーツ大会!?』『ビジネス会議!?』『バーゲンセール!?』などなど範囲がきりがありません。なんといっても人が二人以上集まれば、それはもうMICEと僕の先生もおっしゃってました。

今回ご紹介させていただく『スペシャルなイベント』は、
Going for ≪Wow≫ and Not ≪Whoa!≫
※(直訳)スゲーー!!あえなくないッッ!!!をテーマにご案内させていただきます。つまり、見た瞬間に『おおおおぉぉーーースゴイ!?!♪!』と感じることができるかどうか。ここにポイントをあてたいと思います!

SPECIALなEVENT その(1)

盛大に祝おうスペシャルハッピーバースデー!!

誕生日は家族にとって最も大切なイベントです!最もポピュラーなのが、お子さんの『ファーストバースデー』。あなたも写真スタジオに行って、可愛い衣装をたっぷり着せて盛り上がったりしませんでしたか?私も同じくスタジオ写真館さんに行ってきて、スタッフの皆さんの笑顔を引き出すホスピタリティに『おおおおぉぉーーースゴイ!?!♪!』と舌を巻きました!比較的寝起きで機嫌の悪いうちの娘の笑顔を引き出すのに1時間くらいかかりました。

3回着替えたので、合計ベストショット3枚撮るのに3時間かかりましたが、ほんとうにプライスレスな体験でした。そんな市民の僕ですが、世の中にはスゴイ誕生パーティがあるんです!まず、スペシャルなイベント例としてご案内させていただきます。



ここは、どこかの海外の片田舎の教会です。どうやら誰かのお誕生日のようで、村の人たちは楽しく踊ってお祝いをしています。実にほほえましい光景です。平和に一日が終えると思いきや、ここからが本番だったのです!




日暮れとともに、あたり一面ファイヤーワークスが大爆発!!!大型イベントのオープニングのスペシャル演出としてはもはや定番ではありますが、このような田舎町でここまでの打ち上げをやらかすのは、すでにこの段階で前代未聞です!!


どこからともなくやってきた『風船おねえさん』メアリーポピンズさながらに、もはや会場は非現実世界に突入です!さりげなく教会は『プロジェクションマッピング』で幻想映像を投影中!これもスペシャルなイベントで間違いなく盛り上がります!!マッピングを使えば、壁面にメッセージも描けますので、存分に活用していきたいと思います。

 

立ち上がる火花の中、盛大に盛り上げる『マーチングバンド』の皆さん!そしてお待ちかね『特大スペシャルケーキお神輿』の登場です。もはやパレード!!お祝いの役者はそろいました!さあ!みんなで声を高らかに。。。。『お誕生日おめでとう!!!!』

あなたの大切な方へのスペシャルバースデーサプライズとしてこのようなイベントはいかがでしょうか。ご相談いただけたら、お見積りさせていただきます。



余談ですが、『風船おねえさん』で思い出しましたが、空中ネタはスペシャルなイベントではわりと人気です。その中でも特にわすれられないのが、数年前のパラリンピック開会式の時のアレです。

たとえば、会場内に車が飛び込んでくることは、まぁ演出としてはあることです。007テーマのイベントなどでもスタントカーが会場に突然出てきたりします。巨大なバルーンでできた船がイベント会場に登場したときは、僕も気持ちが高まって、凄すぎて笑いが止まりませんでした。



SPECIALなEVENT その(2)

テーマコンセプトGALAイベントはやりすぎが大事!
盛大なイベント、パーティを表す言葉でGALAってよく聞きますよね。

大きなお祭り、晩餐会などを意味しますが、その際、共通の『テーマ』や『コンセプト』を生かして、デコレーション、お食事、エンターテインメント、ドレスコードなどを統一して演出する体感型のスペシャルなイベントがあります。イベント業界ではそれを『テーマパーティ』『コンセプトパーティ』といいます。

あなたは「テーマパーク」へ行ったことがありますか。江戸の世界や、ウエスタンの世界、もちろん海の中やジャングルなどの世界を表現したテーマパークもありますよね。わかりやすくご案内しますと、テーマパークをあなたのイベントにご用意してしまうのが、ここでご紹介させていただく『テーマパーティ』『コンセプトパーティ』なのです。


イベントの『テーマ』にはどんな種類があるとあなたは思いますか?
それは、考えられるアイデアがすべて当てはまるということになります。それでも人気なテーマはあります。『トロピカル』『アンダーウォーター』などのリゾートなコンセプトは定番ですし、『レインフォレスト』『ジャングル』『ダイナソー』『火星(マーズ)』『宇宙(スペースオデッセイ)』『海賊宝島』『007』『NINJYA NIGHT』『ウエスタン』などの冒険浪漫なムードも多いです。

また、世界の都市、地域にちなんだテーマにして、さながら海外へ赴いた気分にさせてくれるコンセプトも魅力です。『ラスベガスナイト』『ハバナナイト』『ベネチアンパーティ』『エジプト』『メキシカンナイト』『ジャパンナイト』『チャイニーズ』『イタリアン』『パリ』『ハリウッド』『アジアンテイスト』『アフリカ』『アラビアン』『ドバイ』などなど、それこそ気になる都市、地域の数だけご提案は考えることができるんです。

ここまでのコンセプトはテーマにちなんだ物体をイベント会場に持ってきて飾ったり、テーマにあったエンターテインメントを手配すれば、比較的スグ形になります。


では抽象的な概念をテーマにした場合、これはどうでしょうか?
『飛翔』『和』『情熱』『夢ある明日』『信頼』『未来に』『協創』など。主催によってイメージするテーマは毎回毎回変わってくる時もあります。

そして、イベント企画の際重要なことは、ほとんどの主催者はこの雰囲気の抽象的な概念をテーマにする事例が多いということです。もちろん、スローガンを参加者全員に認識してもらったうえでイベントを楽しんでもらえたら、それに越したことはもちろん無い至上な事です。

そして、僕やあなたをはじめとするイベント企画提案する立場の人間はその難解な正答へむけてアイデアを絞らなくてはいけないんです。企画のヒントとしては、そのテーマの『語彙から連想するキーワード』をうまく使っていきます。これはあまり深く掘り下げすぎると参加者がだれもわからなくなってしまいますので、注意しましょう。

それこそ『飛翔』⇒翼・ユニコーン・空中アレンジ・羽根・鳥などの誰もが連想できるシンプルな転換で十分です。それらに組み合わせて、『カラーセラピー』を駆使します。カラーセラピーとは、その色が持つ万人共通のイメージです。例えば『飛翔』なら大空、さわやか、さっそうなどが連想できます。

そこでイベントで使うテーマカラーはスカイブルーやホワイトなどを中心にアレンジしたりすると抽象的な概念であっても共通項を具現化できると思います。僕の大好きな本で『思考が現実化する』があります。これはスペシャルなイベントを企画する上でもじゅうぶんあてはまります。

僕の持論では、『イラストに描くことのできる物体はすべて現実化できる!』と思っています。絵に描いた餅現実化作戦とも社内では言っていますが、まずどんなものが現実としてあるのかを知識として知っておく必要もあるでしょう。


ここで、すごくわかりやすいテーマの超スペシャルなイベントをご案内させていただきます!
ディズニーランドでも人気の『海賊』と『海中世界』をモチーフにした『パイレーツ・アンド・ウォーター』テーマです。もうわかりやすさ爆発!みなさんも、このコンセプトだったら、何を入れたらいいかちょっと思い浮かべてみてください。入口は?スタッフコスチュームは?会場内の置物は?お食事の雰囲気は?どんなエンターテインメントがいいかな?などなど。。。

ちなみに会場はホテルです。通常は1日だけのプレミアムスペシャルイベントのケースが多いです。 それではご一緒に《海賊の海》を体験してみましょう。

テーマパーティの重要ポイントのひとつとして、まず【(1) エントランス】があります。これから足を踏み入れる世界へのワクワク感を高めるうえで、ご参加のみなさんの期待感をたかめるためには、力を入れるべき場所です。


ここでは海賊の宝島風に《密林》《ガイコツ》《樽》とまさに黒ひげ危機一髪そのままのアレンジメントです。ただこの表現力は本当に抜群にスペシャルですね。もう、大人も子供もみんなワクワクさんです!

そして、エントランスを通って、お客さんの初見のインパクト!ここがとても大切なんです。会場内を見て、見た瞬間に『おおおおぉぉーーースゴイ!?!♪!』と感じることができるかどうか。その1点にテーマパーティの成否はかかっているのです。

足を踏み入れた海賊の砦です!まるでテーマパークさながらです。壁面の海と海賊船は「背景幕」を使っています。これは舞台などでよくみかける巨大イラスト幕のことです。照明効果でよく映えます。最近はマッピングで動く巨大壁面を表現できますが、


これもいい味が出ています。

一日だけのイベントなので、常設のテーマレストランと比べて、用意する物品は既存の物で対応することが多いです。常設設備でしたら、FRPなどで作ってしまうのでしょうが、そこはまた工夫のしどころです。


これらはテーマパーティのポイントを余すことなく押さえております。
【(2) 壁面】
【(3) 中央空間】
【(4) 天井】
【(5) テーブル】
【(6) 壁際の境界(スキマ部分)】
これらをすべて押さえています。

このほかのポイントとして、【(7) ステージまわり】があるのですが、この会場にはなさそうです。。。。


そうこうしていたら、
【(8) 海賊娘(エンターテインメント)】がやってきました!

どうやら、これから海賊たちの晩餐会があるみたいです。なんと、お食事会場は別にあるようです!! 海賊娘に連れられて、第2のエントランスである、
滝つぼゲートをくぐってたどり着いた先には。。。。魅惑のアンダーウォーター世界が広がっていました!カニのサービススタッフも笑顔でお迎えしてくれました。

そして、余すところなく、かなりやりすぎなテーマ装飾の数々!極め付けは天井からの『マーメードおねえさん』です!この役者さんたちはなんと、パーティ中ずっとスマイル爆発で手を振ってくれるという癒しの人魚姫です。 これにはご参加の皆さん大喜びですね!



フードステーション、デザートテーブルも水中世界を表現しています。氷柱のテーブルでデザートなんて《つめた〜い》美味しさが広がりますね。



ゑッッ!!!これは!!!鯛や平目の舞い踊り!!!!なのか!≪クラブ・アンダーウォーター≫で魚介類の仲間たちと戯れましょう!現実的なお子さん向けのフォローにちゃんと《キッズコーナー》もございます。



いかがでしたか!『テーマパーティ』の基本をバッチリ押さえたスペシャルなイベント『パイレーツ・アンド・ウォーター』テーマでした。


SPECIALなEVENT その(3)

フローラルでエレガントなスペシャルイベント
イベントに欠かせないツールの装飾の一つとして、『花』があります。これは、大変な歴史があり、紀元前3000年ごろにはデコレーションとして『花』を使っていたと記述されています。なんと!今から5000年前からイベントのデコレーションとして『生花』は主役を張ってきたのですね!

その人気は未だ衰えを知らず、世の中を見ればお分かりの通りホテルで開催されるパーティイベント等は、ビジュアルアクセント装飾にしても、ステージ装飾、テーブル装飾、いずれも『フラワーデコレーション』が人気です!やはり、大なり小なり、人の心にのこる生命の輝きといったところでしょうか。生花でないにしても、イベント会場に『桜の木』がやってきたら、もう目を奪われます!先にご紹介させていただいたヤリスギ感が活きてます。

私が申し上げるのも何なのですが、やはり生命ある『生花装飾』は最強です。
とは言いましても、私は花屋さんではなく、イベント屋さんです。常に新しい可能性を模索していく使命があるのです。


桜の木装飾写真

近年では『フラワーデコレーション』に代わって『バルーンデコレーション』『立体造形物(プロップス)』またちょっとマイナーですが『熱帯魚』『壁面映像』も人気になってきました。ここまでご紹介させていただいたスペシャルなイベントも『立体造形物』を駆使して演出しているテーマばかりです。

株式会社SPECIALEVENTがご提案させていただく『生花』を使ったフローラルなイベントは、『花』と『立体造形物』の融合です。すべてテーマコンセプトに合わせて、世界観を統一させたうえでのフュージョンです。

では、ここでフラワーデコレーションを使った『エレガント』なスタイルのパーティイベントをご紹介します。



イベント会場の入り口は、ワクワクさせる演出が大事です。
何もなかったホテル会場に突如として現れる『フラワーガーデンの小路』クラシック演奏も加わって、夢空間の入口にふさわしい演出になります。

最も、お写真のような《特設フラワーガーデン》ですが、何もなかったとわかりきっている常識を打ち破るから『うゎあああ!!!すごい。』と感じることができるのです。何も知らない小さなお子さんでしたら、普通にいつもの公園のように、もとからあるものと思ってしまって、普通に受け止めることとなるのでしょう。

また、お客様によっては施設にもとから存在する装飾と思う方もいらっしゃるかもしれません。そうならないためにも、あなたのイベントの『オリジナル要素』をアクセントとして加えてみてはいかがでしょうか。



『フラワーガーデンの小路』を進んでパーティ会場にやってきました。入口は《ジョーゼット》で仕切って優雅なムードでお迎えします。 会場に足を踏み入れての《エレガント》なイベント空間として、このような雰囲気はいかがでしょうか。



暖色系のあたたかな色使い、それぞれのテーブルには丸みを帯びた≪ミニツリー≫のような《テーブルセンターピース》。この楽しい森こそがイベントのワクワク感を高めていくのです。

「これではステージの挨拶が見えないじゃないか!!!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。今まで通りの国内のパーティなら、そのように感じることも自然です。しかし、考えてみてください。このようなパーティはお客さん同士の会話が一番の演出なのです。楽しい会話を促進する効果として、皆さんを高揚させる会場内演出はやはり、インパクトが大切。《グッドインパクト!》で《ハッピー度》が嫌が応にも高まってまいります。

さいごに、『フラワーデコレーション』と『立体造形物』との融合例のご紹介です。あくまで『生花』を主役に置きながら、そのほかの『花器』や『カトラリー』『会場内ビジュアルアクセント』を駆使して《エレガント》に演出しています。
いずれも大人のムードで格調高いですね!



SPECIALなEVENT その(4)

スペシャル・トレードショー!!!
『トレードショー』とは。いわゆる展示会イベントですね。
展示会イベントを企画する上で最も大切なこととして、『出展者の売り上げアップにつながること』これはイベント企画を考える上でまず絶対的な使命です。展示会といえば、《ビッグサイト》や《幕張メッセ》を思い浮かべますね。販売促進ブース、商談コーナー、盛り上げ販売促進ゲームなどいろいろな手法で効果アップへ導いています。

展示会に参加するためにかけたコスト以上の利益を出展社にもたらすためには、付加価値の高い仕組みが必要です。例えば、ハウジングの展示会でみかける「コンシェルジュ・サービス」。事前に簡単な質問にお答えいただいた来場者に、最適な訪問先をおすすめするサービスです。これは出展社と来場者を効率的につなげることができます。

また、ほかにはラーメン・居酒屋などの外食関連の産業展では「プレミアムマッチング」というサービス。普段の営業では出会えない、厳選した飲食チェーンやホテルのバイヤー・販売責任者を専用商談ブースにお招きして、出展社とのマッチングを実施されています。

さらには、各業界の著名人によるセミナー、飲食店向けのコンサルティングなどでビジネス的に大いに活性化されたイベントがたくさんあります。つまりは、出展社の利益創出なしに展示会は存在しえないからです。

いわゆる展示会場で運営するトレードショーと異なり、企業や商品のイメージアップへつながるコンセプトのイベントもあります。化粧品会社さんや貴金属会社さん、などオシャレなイメージを大切にされる企業のトレードショーがこちらに当てはまります。


では、いよいよ『スペシャルなトレードショーイベント』をご紹介させていただきましょう!
おなじみ会場入り口です。
今回は『鍵穴』!

『キーホール』をのぞいた先にあるものは?!一体どんな世界が待っているのでしょうか。そこはもう『展示会場』というよりも、『テーマパーク』が広がっています。お客さんを驚かす事が『スペシャルなイベント』の神髄ならば、まさに『非日常』というコンセプトは、『夢』を提供する宝飾、高級衣類、化粧品の企業イメージとピッタリにマッチしてきます。

ありえない世界の中では、お客様も気持ちが高まり、その素晴らしいインパクトとともに、メモリアルなトレードショーだったと評判が評判を呼んで、相乗効果で効果は絶大になることでしょう。


まずは、『レインフォレスト・トレードショー』。
密林の中で野生へ還って、ほんとうの美しさを実感していただけること請け合いです。
つづきまして『ファンタジー・トレードショー』
幻想的な空間で光る道標のように、ディスプレイされています。
次は『スノーホワイト・トレードショー』
白銀の世界とのコラボレーションにより、自然の美しさに強力な脇役になっていただく一つの例です。キラキラ輝くディスプレイをより一層引き立てますね。
私たちが『株式会社SPECIALEVENT』がご提案させていいただく『トレードショー』は、あなたの商品を引き立てる幻想空間へ誘う旅です。あなたのイベントにテーマパークがやってくるのです。

SPECIALなEVENT その(5)

私にとって最高に忘れることができないスペシャルなイベントとは。
いままで、いくつかのスペシャルなイベントをご紹介させていただきました。いずれもダイナミックかつ、インパクトある驚きのあるゴージャスな内容ばかりです。職業柄、私も数あるイベントを体験してきましたが、あえてどれがベストだったかとお応えするのには多少悩んでしまいます。

その中でも特に深く心に残っているイベントがあります。そのイベント経験は私にとって最高の体験であったと確信しています。それはいったいどのようなスペシャルなイベントだったのでしょうか。

人によって受け止めかたは千差万別でしょうが、私の場合は『わが子の初めての運動会』でした。いわゆる幼稚園の運動会のことです。

この体験は驚きました。世の中にはこんなにもあたたかいイベントがあるのかと正直思いました。それは今19歳の長男が5歳の時でしたので、あれからもう14年も経つのかと感じるほど鮮明にそして今でも忘れることができません。まず、わが子の成長に感動しました。

当時普通にイベント会社勤務でしたので、あまり子供の日常と接点が無くその成長の様子を感じることができなかったのですが、走る!踊る!跳ぶ!!とひとつひとつが感動でした。

次に驚いたのが、その空間では順位や勝敗は一切関係ない!!ということ。
《赤勝て!白勝て!》という勝敗の基準が一切無かった。。。。これは私にとってあまりに新鮮でした。

どの子が《かけっこ》で一番になろうと、ビリになろうと、観客は全員拍手と笑顔。。。。正直、なんだこの世界は!!!!と驚きました。なんと、あたたかな。。。そして心の広い。。。。

つまり、その場にいる人間が一つのイベント成功に向けて自然に動いている状況。子供たちがもちろん主役だけれど、観客もある意味参加しているイベントだったのです。もちろん、保護者も競技に参加しますが。。。

私はいつかこのようなイベント空間を生み出すことを目標に、今の株式会社SPECIALEVENTを設立しました。

そして気づいたのは、
『一人ひとりにとってのSPECIAL なEVENTは全く違うものである。』
ということです。

人によっては『プロポーズの瞬間』『結婚式』『わが子誕生』『家族のキャンプ』『あの日の花火大会』など、それこそ人の数だけスペシャルなイベントはあるのだと思います。それら共通することは、その『主体性』です。あなたも、ご自身が相当に能動的に参加したイベントこそが、最高の体験となったはずです。それはイベントの規模に関係ありません。『いかに参加したか』が鍵となるのです。

もちろん、個人的に企画制作できるイベントから、大がかりなためアドバイザーが必要なイベントもあるでしょう。

つまり、イベントの大きさに関わらず、『すべてのイベントは特別なのです。』

Every Event is Special !

私たち株式会社SPECIALEVENTは、あなたのスペシャルなイベントを全力でお手伝いさせていただきます。